コーヒーゼリーうまい

舞台俳優と声優とアイマスがすきな女おたくの独り言

加藤良輔さんについて

加藤良輔さんというひとがいます。主に舞台で活躍されている俳優さんです。今回は彼について少しお話させてください。ひいては少しでもいろんな人が彼について知ってくれたら良いなあなんておもいつつ。
※主観・考察・公式でない指摘など含まれます。かる〜く読んでください

さて、加藤良輔さん(以下良輔さん)の、デビュー作はテニミュです。私が彼を認知したのもテニミュでした。2004年7月、テニミュ聖ルドルフ学院戦、木更津淳役でデビュー。
イケメン俳優登竜門、イケメン舞台などと言われるテニミュですが、当時の良輔さんは、所謂イケメン俳優とはまたちょっと違うというか、愛嬌があって整ってはいるけど、すごくイケメン!ってわけでもない、というか。以下片岡さんのブログからの引用です。

加藤良輔くん、相変わらず体の切れがいい。 毎度も言って彼には申し訳ないけど、 彼にテニスのオーディションで初めて会った時、ほっぺた赤くし髪の毛ボッサボッサ、 話す言葉にも若干地元のなまりがあって、素朴な育ちと敏捷な動きが目につく田舎丸出しだったけど、 一人ぐらいハンサム系ではない少年入れておいた方が他の役者が引き立つのでは、 という僕の提案に上島さんがカラダが動くの入れておきたい、 とやめておいたらというネルケ女帝たち多数派の声を押し切って出演してもらった。 結果、今やこの手の舞台になくてはならない可愛いらしさ漂う運動抜群系のポジション確保している。 人生って面白いですね、期待され頑張るって素晴らしい。

 

ch.nicovideo.jp


妙に納得してしまったというか。人生なにがあるか分からないもんだなあと。テニミュにとっては(失礼ながら)「イケメンの引き立て役」としてデビューした良輔さんは、今では年に何本も舞台をこなす俳優となったわけです。しかも、なんと今年はブロードウェイミュージカルにアンサンブルで出演されます(やった!)。
良輔さんのすごいところは、それをあまり見せないところかなと思います。ブログはほぼ毎日更新ですが、弱音を吐いたり、攻撃的な言葉を使ったり、後ろ向きなことを全くと言っていいほど、文章として残さないひとで、トークイベントや他の人のお話から、こんなに頑張ってた、とか、実は隠れてやってた、とか、あのときは実はこうだった、というお話をチラッと聞くだけ。舞台を観に行くと「良輔さんこんなことも出来たの!?」というのが、デビュー13年目にしていまだにあります。でもそれは、"出来た"じゃなくて、"出来るように努力した"んだなっていうのを、何年も後のトークイベントで分かったりして。
いつもニコニコしてて、あまり前にグイグイ出るタイプでもないんだと思います。だけど、みえないところで『とんでもないこと』をやっているようなひとなんですよね。多分。
で、やっぱり私はなにより良輔さんの演技が大好きなんですが、良輔の演技の何がすごいって、『キャラクターが存在してる』ことなんです。これこそ良輔さんの『とんでもないこと』だと思っています。そりゃ生身の人間が演じてるんだから存在してるだろっていうのはちょっと違くて、舞台上のキャラクターってあくまでもキャラクターなんですよ。例えば23歳のキャラクターだったら、私たちは23歳の彼(彼女)の行動や発言を観ることしかできないわけです。けれど、良輔さんが演じるキャラクターって、間違いなく、『いる』。ああ、きっとこの人はこういう人間で、子供のころはこういう感じの子で、こういうものが好きで、こういうことが嫌いなんだろうな、っていうのが、全く細かい説明がなくてもお話の中の一挙手一投足で全部伝わってくる。だから、良輔さんの演じたキャラクターってすごく覚えてたり、印象に残っているものが多くて、毎回きっと本人もこういう感じのひとなんだろうな〜ってなって、ブログみたり素のトークをみたりすると全然違ってみたり。それこそ木更津くんでそう思って、柴くんも虎太朗さんもビーマお姉様も、みんな。
例えば、Club SLAZYシリーズのDeepさんって、そこをうまくついたキャラクターで、(ネタバレになりますが、)AWでの3年前のDeepさんをみたとき、めちゃめちゃ衝撃を受けました。多分シリーズ観ていた方は大体そうだと思うんですが、まさかいつもヘラヘラふわふわしてるDeepさんがこんなガツガツした青年だとは!って感じで。それって、良輔さんの演じるSLAZY4までのDeepさんから全く考えられなかったキャラクターの側面で、でももちろんそれが破綻していない。良輔さんの演技から見える、私たちの想像するDeepさんとは真逆の性格で不意を突かれたのに、ちゃんとDeepさんなんですよね。で、AWを観終わったあとにまた、私たちの中でひとりのDeepさんという人間が再構築されている。語彙がないから説明が下手くそなんですけど、それってとってもすごくないですか!?もちろん脚本演出も凄いんですけど、それに違和感を感じさせない良輔さんの演技もとんでもない。しかもFinalのときは、劇中でさらにDeepさんのもっと幼いときのJr.までこなしている。それもやっぱり間違いなく今で観てきたDeepさんなんですよね。けれど良輔さんが他の舞台で別のキャラクターをやっているときは全くDeepさんの鱗片を感じない。当たり前のような気もしますけど、難しいことだと思います。

あと、良輔さんすっごく綺麗な声をしてて、ちょっと高めで特徴的なんですけど、舞台でめちゃめちゃ響くし聴き取りやすい。顔も声もひとつの才能だと思っているので、多人数で喋ってても声だけでわかるっていうのは素晴らしいことだと思うし、何より凄いのはキャラクターや役ごとに声を使い分けてて、その舞台を観ているときは全然違和感がないことです。3つくらいDVDとかで続けて違う役を観たりすると、「えっ!?」ってなる。とんでもないことをさらっとやってしまうなあ…と感嘆します。

私は専門家でも先生でもないですから、難しいことを言ったり、物事をすべて正しく評価することも出来ません。けれど、素人でも良輔さんがとんでもないことをしてるのは分かります。でも良輔さんはそれを驕ったりしないし、後ろ向きなことをたくさんの人がみるようなところでは絶対に言わないんです。う〜〜ん。あまりに人として素晴らしすぎる。
長くなってきましたが、もう少し話させてください。
ダンスの話です。
ダンスは俳優にとって100%必要な技術ではないと思います。でも、やっぱりダンスって観てて華やかでカッコイイし、踊れる人は凄いし、舞台の幅も広がります。良輔さんはダンスがとにかく上手い、というか、ダンスってジャンルも数あるし、身体全体を使って自由に表現するものですから人それぞれクセがあったりもして、一概にどうだとは言えないので、どちらかと言えば良輔さんのダンスが大好きです、かな。これに関しては観てもらってナンボですから、説明してもしょうがないのでは?ともおもうんですけど、言わせてください。良輔さんのダンスは軸がめちゃめちゃしっかりしてる。本当に綺麗でひとつひとつの動きに手を抜かない。だから、映像をスローで観たりすると全部、あ、コレは何をしてるんだな、って分かるんです。ジャンルは大抵ロックだったりヒップホップだったりハウスだったりジャズだったりなんですけど、お手本みたいな、だけど真似のできない、しなやかで品のあるダンス。ターンとか、脚の開く幅とか、指、腕の伸ばし方まで、思わず目がいくような魅せるダンスなんですよね。

ああ、舞台のひとだなあって思います。勿論、舞台以外が出来ない、ということではなく、舞台で凄く輝ける才能や、舞台での魅せ方を知ってるひとって間違いなく居て、良輔さんはそのうちのひとりだって強く思います。加藤良輔さん、キラキラしてるんですよ。20歳のときから33歳になった今でも変わらず。舞台に立つ姿をこんなにも応援したいと思えるのはやっぱり、そういうことなのかなあって思ったりしました。

勿論これ以外にも良輔さんここがすごいぞ話はあるんですけど、(例えば、絶対炎上しないであろうSNSの使い方とか、まったくひとの悪口を言わないところとか、すべてのひとにあまりにも優しすぎて逆に心がないモンスターっていわれた話とか、オシャレだとか、)それはそれぞれで「ええ~~!?りょうちんここがあまりにすごい!!」ってなりましょうね。なった際には私に教えてください。推しが褒められるのだいすきなおたくです。

とにかく加藤良輔さんはすごいぞ。一度でいいので是非舞台に立つその姿を観てください。キラキラしてると思います。そして本人のブログを見てください。ギャップ萌えです。

 

ClubSLAZY The Final を観た話(ネタバレ)

 

Club SLAZY The Final invitation -Garnet-

を観てきたので、今まであまりしたことがないんですが、ファイナルだしブログも作ったし感想を綴りたいと思います。あらすじとかはあんまり書かないで、ほんとに感想です。考察とかはTwitterにまとめたのでそっちでみてください。

はじめに、私は俳優の加藤良輔さんが好きで、ディープさん担です。多分めちゃめちゃ私情を挟んだ感想になるので、それだけ承知して頂ければと思います。

 

さて、遡ることAWで続編のClub SLAZY 5が発表されたとき。キャストをみてざわつきましたね。ドゥーバップさん何しにくるんだろう!?エンド今回いるね!やった〜〜!嬉しい気持ちと期待とでみんなめちゃめちゃ高まってて。Show Businessのヤバさにはしゃいだり、ルッキュで新たな発見をしたり。

そして忘れもしないCLIE Summer Festival 2016。あ、せっかくなんでチケットの写真あげとこう。f:id:omoti1055:20161213232905p:plain

 

最終日のトークイベントでとんでもない発表がありました。キャストの皆さんのトークにほくほくしていたら、スクリーンに映し出された「最終章!Club SLAZY The Final invitation-Garnet-」の文字。

阿鼻叫喚。サンシャインシティに響き渡る386たちの悲鳴。

このキャラいないのに終わるの!?どうすんの!?どうなるの!?

そんな感じでみんな胃を抑えながら初日を迎えました。

 

最高だった。

 

最高だったんだよ。

 

謎が全て解決したわけではないです。全部が回収されたわけでもない。

だけど、ほんとにほんとに幸せで、最高で、ありがとうSLAZY。

 

私はずっとディープさんがすきで。ディープさんは1〜3まではそこまで話の中心にはならなくて、そういう賑やかしの役(米原さんの言葉を借りる)って感じだったんですよね。加藤良輔さんという役者は、ほんとうにそういう役が多くて、主役や主演より、脇役として目立つ、助演男優賞タイプ(?)で。

4で影の主役として話が掘り下げられたディープさんは、AWでまた過去が掘り下げられ、外の世界(TORI)を知る唯一のレイジーとなりました(多分)。どんどん主役みたいになっていくなあ。すごいなあディープさんは。そんな風に思っていたのを覚えています。ディープさんは、Jr.や3年前のディープさんや現在のディープさんなど、何種類もの演技をしなくてはいけなくて、良輔さんの演技力がほんとうに光る役で。普段はおちゃらけてるくせにダンスはめちゃめちゃにかっこよくて。ああ、すきだなあ、って。そんな大好きな役者さんが演じる大好きなキャラクターをもう見れなくなってしまうんだなって思うと悲しくて、SLAZY終わらないで!!って欲を吐いてしまいます。

だけどそんな悲しみを吹き飛ばすくらい良かった。ハッピーエンドが大好きです。

だって、だって。ディープさんがトップエースになりました。トップエースになったんですよ。すごくないですか!?!?

私は初見の日、ディープさんがトップエースとして出てきて歌い始めた時、涙が止まらなくて、周りの人が手拍子しているのにグスグス言ってて、でもそのくらい嬉しくて嬉しくて、感動して、ほんとうに良かったって思えました。

勿論それだけじゃなくて、8のことやQちゃんのこと、沢山沢山あるんですけど、とにかくディープさんがステージの真ん中でトップエースの証である羽根をつけて踊っている姿にどうしようもなく涙が出てきて。千秋楽を迎えた今もまだ信じられません。ディープさんトップエースになったんだね。何度も噛み締めています。最後のディープさんのソロが愉快でハッピーで、かわいくてかっこよくて、だけどなんだか寂しくて。エンディング感が凄いんですよね。

いつかまた会う日まで その日を忘れないで それはきっと、二人へのCelebration

ありがとうディープさん。そしておめでとう。ありがとうSLAZY。大好きです。まだ年末Liveがあるからそんなに喪失感はないんだけど、今年が終わるのが怖いです。終わらないでくれSLAZY〜〜!!(素直)

 

私と及川雫(及川雫が歌った)

 

及川雫が歌いました。及川雫が歌ったんです。ありがとうございます。及川雫が歌いました。

及川雫が歌い、涙を流していますが色々思うこともあるので、私と及川雫についてのポエムを書きます。

 

及川雫は2012年にアイドルマスターシンデレラガールズに追加された牧場が実家のとってもかわいい女の子です。アイマス界No.1サイズのバストが注目されがちですが、タレ目でショートカットで素朴で性格が穏やかでほんとうにほんとうにかわいい女の子です。

彼女をスカウトして、まず見た目が好きで、それから彼女の性格に惚れて。一生懸命でふわふわしてるけど、一途で力強く生きているところ。逞しくておおらかなところ。朗らかな笑顔で動物が心の底から好きなところ。大好きで、私なりに一生懸命プロデュースしてきました。新SRめっっっちゃかわいいからみてくれ。f:id:omoti1055:20161120214856j:plain

彼女に声がついたのは2015年2月のことで、シンデレラガールズのアニメ5話内でのことでした。まずデレアニに出るとも思ってなかったので、思わず「はあ?」と言った後にボロボロ泣いたのを覚えています。このときセクシーギルティ(片桐早苗及川雫・堀裕子のトリオユニット)の早苗さんも一緒にお声が付き、「よかったね、よかったね」と近所のおばちゃんばりにテレビに喋りかけておりました。こわいね。

 デレステの話をします。

デレステをやりはじめて、ちゃんと雫がいることにまずありがとうありがとうと。そしてまさかこんなに早くSSR化するとは思いませんでした。まって、短期間に供給多すぎない?大丈夫?

SSR及川雫に関してはもう説明不要の可愛さ、そして専用ボディ。及川雫はバストだけじゃないと言いましたが、腕が当たって動く胸を見たときには「嘘でしょ最高…」って言ったよね。そりゃそうだよね。だって最高よ…。こんな幸せあるか?

そして、今回、「Flip Flop」にて及川雫が歌いました。やっと、歌わせてもらえました。また泣いてしまいました。涙もろくてね。

ストーリーも良くて、ほんとに感謝してもしきれない。及川雫が好きだ。

だけど、少しだけ、少しだけ思うところはあるのです。我が儘を言ってしまうようでほんとうに申し訳ないです。

私は自信を持って、「これが及川雫の曲だ!」と言い出せないのが悔しい。

声も付いて、SSRにもなって、ほんとに優遇されている訳じゃないけど、歌ってくれて。

でも私は及川雫がはじめて歌うソロ曲楽しみだなあって。及川雫がはじめて歌うのは彼女がいることが想定されて作られた曲なんだろうなあって。当たり前のように信じていました。他のアイドルと及川雫を比べたくなくて、だから同じ頃に声がついたアイドルがソロ曲を貰おうと素直に喜べました。声がついて、いつか持ち歌を貰ってライブに来てくれる。そう単純に信じてました。普通に考えればそうとは限らないし、バカだな〜って思うんですけど、でも信じてました。勝手に及川雫の晴れ舞台の準備をしてました。

そんな及川雫がはじめて歌ったのは、5人ユニットの端っこで既存曲でした。

嬉しいです。すごく嬉しい。

だけど、私がプロデュースしてきた及川雫の記念すべき初歌唱がここなんだなって。なんだか拍子抜けしてしまって。

ワガママ言うな、十分だろ、声がついてない子だっているんだぞ。もっともです。わかってます。

でも私がプロデュースしてるのは及川雫なんです。

大好きで大好きで、一生懸命プロデュースしてきた及川雫を。ソロ曲でステージに立てるポテンシャルを持っていると信じているアイドルを。ソロステージに立たせてあげられない。不甲斐ないです。きっと、まだ声がついていなかったり曲を貰えていないアイドルをプロデュースしている人は少なからずそう思っているかもしれません。贅沢?そうですね。でも、他のアイドルがどうとかではなく、及川雫の初歌唱はユニットの端っこで既存曲に参加させて貰った形なんです。それは誰から見てもそう。他のアイドルと比べてどうだって私は言いたくない。声がついてようがついてなかろうが、持ち歌があろうがなかろうが私の大好きな及川雫は変わらないから。だからこそ、こんな形で歌うとは思わなかった。いろんな人に初めて及川雫が歌ったんですよって言える。でもそれは私が望んでいた形じゃなかった。それだけです。嬉しい反面よくわからないモヤモヤを抱えながら、及川雫にごめんねって言いました。

不甲斐ないプロデューサーでごめんね。私がワガママなばっかりに素直に喜べなくてごめんね。勝手に、初めて歌うのは雫のための曲だって信じててごめんね。誰も悪くないです。勝手な幻想を雫に押し付けてしまったばかりに、こんな気持ちになってしまった。素直に喜びたかったなあ。辛いとか、悲しいとか、そういう感情はないです。ただ、大好きなアイドルが歌ってくれたのに素直に喜べない自分に悔しくなりました。自信を持って、及川雫が歌いましたって言えないのが悔しい。いや、言ってるけどね。

悲観しているわけでも文句を言っているわけでもありません。心配しないでね、めちゃめちゃ喜んでます。声がついているのに我が儘をいっているのもわかってます。そんな我が儘を言っている自分自身が嫌なんです。吐き出させてください。ごめんね。

 

及川雫が歌いました。記念すべき日になりました。きっと忘れません。ありがとう。そしてごめんね。及川雫が、及川雫のために作られた曲を歌ってくれるのをずっと待ち続けます。

 

 

ナマモノ(三次元)同人は何故隠れなければならないのか

最近TLで話題になり、いろいろ言いたいことが出てきたので、なぜナマモノ(三次元)同人は隠れなくてはならないのか。なぜ隠れているのか。についてお話ししたいと思います。口が大変悪いのでよろしくお願いします。

 

私はナマモノについては隠れるべきだと思っています。

このことについて様々なツイートやブログを見ました。隠れる必要がない、隠れることを強制するべきでない、と主張している人も一定数います。「昔からのルールをまだ守っているのか。」「BLが隠れることはホモフォビアと一緒ではないか。」「公式や本人が何か言った訳でもないのにわざわざ隠れる必要があるのか。」

はあ???

そりゃ、はあ?ですよ。

私たちはそんなことを言っているのではない。昔からそうだから守っているとか、本人が言及しないとか、同性愛が云々とか、そんなことが問題なのではない。

ナマモノでは、ノーマルでも百合でもBLでも、「実在する人物」に対して「性的な消費」を行っている。

ということを言いたい。

 

性的な消費は悪ではない(と思う)。女性が男性に対して性的な感情を抱こうが、男性が女性に性的な感情を抱こうが、同性であろうが、好きにすればいい。しかし、それを本人に「私はあなたに性的な感情を抱いています。私は妄想で貴方を◯◯しています。」などと(そのつもりがなくても)伝えるのは、どうだろうか。その人と恋人関係である、とか、その延長線上にいる場合は別だが、この時の立場が、アイドルとファン、俳優・女優とファンだったとき。

ましてや、二次創作BL・百合・ノーマルであれば、実際恋人関係にない二人を(性的な行為が含まれなくても)そういう目で見るということ。

極論だが、アニメキャラをどうしようとそのキャラ自身にはダメージはいかない(作者は別です)。しかし、現実の人間は、自分自身がその対象として消費されているのを(頭で分かっていても)目の当たりにするのは精神的にキツイという人が多いし、それを流せる人もいれば、出来ない人もいる。

最近では、簡単に芸能人のSNSが炎上する。いくらプロだからと言って、私たちと同じ人間。もしも、彼ら彼女らが「可愛い」「カッコイイ」程度でなく、大袈裟に言えば、創作の中で付き合ってもいない人と性的な行為をしているのを見てしまったとして、どういう気持ちになるのか。

本当に本当にできた人は、全く見なかったことに出来るかもしれない。流せるかもしれない。けれど、SNSで少し叩かれたくらいでアカウントを消すような芸能人がいる中で、全員が全員、流せるかと言ったら多分無理だ。

実際、Twitterで性的な消費をされており、そのようなリプライを送られた、とある女性芸能人がTwitterをやめたのを目の当たりにしたことがある。

私だって、自身や家族や親戚をモデルにした性的なイラストを突然見せられたら嫌悪感を抱く。(そうでない人もいるかもしれないが、)見せないでくれと思うし、見たくなかったと思うだろう。

 

例えば、Aという実在する人が、エゴサーチをして、公開アカウントで「A×B今日ちょうイチャイチャしてて、絶対付き合ってるよ〜〜!AはBのこと好きすぎ!!」

などというツイートを発見したとする。Aは全くそういう感情はなくBと接していたのに、ツイートを見て、

「他人からはそう見えていたのか…。これからは露出のあるところでAと絡むのは控えよう。」

と思うかもしれない。(実際あった)

やめてくれ。

本当になにを根拠に本人に見つからないと思っているのか。はたまた本人に見つかってもいいと思っているのか。

私の推しのひとりは、Twitterをやっていて、多分エゴサーチをしているし、トレンドも見るし、RT数の多いツイートをRTしたりする。その推しはブログをやっていないので、もし何かあってTwitterをやめられては本当に困る。けれど、推しの名前の入ったCPを表アカウントで堂々と呟く人もいる。それっぽいことが一瞬トレンドに入ってしまったこともあった。本当にやめてくれ。私は推しの活動にそんなくだらないことで制限をかけられたくないんだ。

ナマモノを楽しむためにはルールやマナーを守ってくれというのはだいたいが上記の理由だと思う。ルールやマナーを守ってきちんとやってくれれば仲間だって出来る。私たちがマナーを守ってくれ、ひっそりやってくれ、隠れてくれと必死に言ってるのは、二次元BLはいいけど、実在の人物はホモにしたら可哀想とかそんなことではない。自分が応援している人に嫌な思いをして欲しくないし、活動を制限して欲しくないからだ。少なくとも私はそうだ。また、私は実際に、純粋にその人を応援している(同人を知らない)ファンが、推しの同人をみてファンをやめたりしたのも見たことがある。あなたが隠れなかったせいで、推しのファンが減る、活動が減る。地獄か?

だからナマモノを楽しみたいなら隠れろ。と言いたい。そもそも私は、俳優・女優・声優等にクソみたいなリプライする奴が嫌いだ。全く関係ないツイートに「今日は◯◯さんと会ったんですか?」「◯◯さんと付き合えばいいのに〜!」と本人にリプライする奴もいる。どういう神経してるんだ。知らない人間から自分と友人の関係に性的なものを押し付けられる。プロなら我慢しろ?できない人間もいる。

「いやいや、彼ら彼女らは公式だから」

じゃあ、結婚してる夫婦の性事情を妄想して本人に送りつけるの?

もう一度よく考えてほしい。色々なことを。誰に迷惑がかかるのかを。

そういう発言をするつもりならTwitterには鍵をかける。ブログやサイトは検索除けする。TwitterなどのSNSや公開ブログやサイトやPixivなどは「本人またその関係者に見られない」ということはまずないと思ってください。常に見られていますよ。

 

じゃあ、ナマモノなんかやらなきゃいいとか言われると論点がズレるのでやめてください。

 

線引きが分からないという人もいるかもしれないので、参考までに個人的な線引きを。

・レポや本人の言ったことなど、"事実"は基本的には良い。

・本人に見せても良い程度の感想。「○○を歌っているところが本当にカッコよくて、ダンスも動きがしなやかで色気がある。」とか。ファンアートも別にいいと思う。しかしこれも本人に見られても良い程度のもの。

・個人的にPixivはあまりナマモノに向かないと思います。もし使うのであればマイピク限定などの機能を使ってください。

・常に本人及び関係者に見られている意識を持つ。(実際過去にTwitterとブログが関係者と本人に普通に見られていた経験があるのでマジで気をつけてください)

 

本人やスタッフならまだしも、共演者もその名前でエゴサはするので、その辺もよく考えましょうね。

 

これを読んで素直にマナーを学んでくれれば嬉しい限りです。もし、面倒だな、息苦しいな、と少しでも思うのであれば、ナマモノ同人はやめた方がいいです。向いてないです。

 

吐き出したら落ち着きました。最後までありがとうございました。

 

はじめに

ジャンルを絞らず無差別にいろいろかきたくなったので。

好きな人の話や考察など。

口が悪く、国語力と記憶力がありません。